2020シーズン開幕目前。今年のJ3リーグの楽しみ方は?(前編)

      2020/03/02    - スポーツ実況


サッカーJリーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来月15日までのおよそ3週間にわたって、予定されているJ1からJ3までのリーグ戦などすべての公式戦の延期を決めました。

▼J1は第2節から第4節の27試合
▼J2が第2節から第4節の33試合
▼J3が開幕節と第2節の18試合
▼Jリーグカップが1次リーグの第2節と第3節の16試合となっています。

J1リーグ、J2リーグは2月に開幕をしましたが、J3リーグは3月に予定していた開幕節が延期に。この後どのような展開になるか分かりませんが、せっかくなので今季のJ3リーグの見どころに触れていきたいと思います。

まずは2019年シーズンの振り返りを

2019年シーズンはギラヴァンツ北九州が優勝。そしてザスパクサツ群馬が2位に入り2チームがJ2へ昇格。ロアッソ熊本、カマタマーレ讃岐とJ2から降格してきた両チームは惜しくも1年での復帰とはなりませんでした。

▽昨年の個人的J3のベストイレブン▽
https://note.com/kotokake/n/nce5f6ec9b6ff

昨年は2018年に下位に沈んだギラヴァンツ北九州、藤枝MYFCの躍進がありました。そして藤枝MYFC、ザスパクサツ群馬、カターレ富山、ロアッソ熊本、ガイナーレ鳥取の上位争いは見ごたえがありましたね。

 

そして2019年J2リーグは終盤まで結果は分かりませんでしたが、FC岐阜と鹿児島ユナイテッドFCがJ2からJ3へ。そしてJFLからFC今治が昇格しJ3リーグは今季19チーム(U23の3チームが参加するのは今季で最後になります)で戦います。昨年同様に上位2チームで昇格要件を満たすチームがJ2へ昇格します。

※先日Jリーグ100年構想にJFLのFC大阪、いわきFC、ヴィアティン三重が新たに承認。要件を満たせば2021年からJ3に参入できる可能性のあるチーム数が増えました

今季のお話をしていく前に、2014年からの変遷についても振り返ってみましょう。

過去の上位チームの結果は?(2014年~)

▽2014年のJ3リーグ最終結果▽(Jリーグ公式サイトより出典)

ツエーゲン金沢が勝ち点75、そして2位のAC長野パルセイロが勝ち点69で入れ替え戦へ。(当時は各チームと3試合対戦)長野は讃岐に敗れJ3残留。

▽2015年のJ3リーグ最終結果▽(Jリーグ公式サイトより出典)

レノファ山口FCとFC町田ゼルビアが勝ち点78。山口は圧倒的な得点数96でJ2へ昇格を決めた。町田は入替戦で大分に2勝しJ2昇格を決めた。

▽2016年のJ3リーグ最終結果▽(Jリーグ公式サイトより出典)

ホーム&アウェイの2試合制となった2016年は降格してきた大分が勝ち点61で優勝。1年での復帰を決めた。そしてJ2から降格してきた栃木SCは金沢と対戦するも敗戦し1年でのJ2復帰とはならなかった。

▽2017年のJ3リーグ最終結果▽(Jリーグ公式サイトより出典)

シーズン終盤までもつれた2017年。最終的に秋田がJ3初優勝もライセンスの関係で昇格できず。そして2位に入った栃木がJ2昇格を決めた。当時鹿児島に在籍していた藤本はこのシーズンを最後にJ2の大分へ個人昇格を決めた。

▽2018年のJ3リーグ最終結果▽(Jリーグ公式サイトより出典)

先日引退を発表した播戸選手が在籍していたFC琉球が最速でのJ2昇格を決めた2018年。残り4試合を残した第30節で昇格を決めた。熾烈だった2位争いは鳥取が終盤猛チャージを見せるも、鹿児島が振り切り両チーム初のJ2昇格を決めたのが2018年のシーズン。

今季の開幕カードは?

元々予定した対戦カードは以下でした。

http://kotokake.jp/sports20200110/

3/7(土)※左がホーム

FC岐阜 vs AC長野パルセイロ

セレッソ大阪U-23 vs Y.S.C.C.横浜

3/8(日)※左がホーム

福島ユナイテッドFC vs ブラウブリッツ秋田

SC相模原 vs 藤枝MYFC

アスルクラロ沼津 vs 鹿児島ユナイテッドFC

ガイナーレ鳥取vs カターレ富山

カマタマーレ讃岐 vs いわてグルージャ盛岡

FC今治vs FC東京U-23

ガンバ大阪U-23 vs ロアッソ熊本

※ヴァンラーレ八戸は1節はお休み(19チームと奇数のため)八戸はロアッソ熊本と第2節に対戦

監督変更があったのは?

FC岐阜:ゼムノビッチ ズドラブコ(2000年~01年清水)
ロアッソ熊本:大木武(甲府、清水、京都、岐阜等)
ブラウブリッツ秋田:吉田謙(2015年~19年沼津)
ヴァンラーレ八戸:中口雅史(2016年~19年MIOびわこ滋賀)
アスルクラロ沼津:今井雅隆(福岡、徳島)
カマタマーレ讃岐:望月一仁(2006年~09年愛媛)
いわてグルージャ盛岡:秋田豊(京都、町田)
FC今治:リュイスプラナグマ(スペイン・バルセロナ出身のサッカー指導者)
C大阪U23:村田一弘(C大阪U18,U23コーチ)

半分近い9チームが監督変更。藤枝MYFCの石崎監督、カターレ富山の安達監督が最長の3年。

指揮官も交代して、どんなサッカーをみせてくれるでしょうか?まずは前編では、過去の歴史と監督変更についてお伝えをしていきました。

続きは、各チームの戦力や移籍の現状。期待するポイントについてもお伝えできればと思います。どうぞみなさんお楽しみに!

▽中編①鹿児島ユナイテッドFC~セレッソ大阪U23まで▽

https://note.com/kotokake/n/n08169f9cbec2

 

 

関西でスポーツアナウンサーを目指す方はユウセイプランニングへ!プロのスポーツアナウンサーが技術を伝えています。私も勉強させていただいています!<PR>

▼いつもありがとうございます!クリックで応援!▼
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Kotokake 代表 能政夕介

立命館大学産業社会学部卒。大学時代、RBC(立命館大学放送局)にてアナウンサーとして在籍。
ラジオDJやステージの司会を行う中で「人に伝える」ための方法やコンテンツ作りの楽しさを知る。
立命館大学卒業後は楽天(株)に就職し、インターネットを通じたマーケティングやコンテンツ開発から、楽天市場に出店する店舗様の売上を上げるコンサルタントを経験。その後独立をする。

現在はフリーアナウンサーとしてDAZNやスカパー等でスポーツ実況も担当している。
その他にも結婚式、イベントの司会や企業・高校・大学等へコミュニケーションの講師としても活動中。
「話すことが楽しい!」と思える人を増やすために、学生から主婦まで幅広くオンラインや直接指導等を行っている。

【過去の出演歴】
DAZNにてJリーグ中継(J1/J2/J3)、スカパーにて天皇杯やユースの試合等も担当。
その他にもなでしこリーグやアメリカンフットボール・ラグビー・高校野球の実況担当経験もあり。


関連記事